2017年06月16日

6月16日の記事

ハートロック Final Stageに参加の皆様、事後一ヶ月後のレポートお許しください

2012年 一参加者で岩舟に入ってから だんだんと深みにはまり
気がつくと誰も手を出さない シナリオ作成や 現地コーデ、作戦の立案などに
関わらさせていただきました。

これもピンで参加の心細さを アラブ諸国の習慣よろしく 温かく受け入れていただいたから継続したことで
先輩方や運営に感謝気持ちでいっぱいです。

また、シナリオで見せる私の稚拙な文章能力にお付き合いいただき
大真面目に遊んで下さった各部隊の面々にも 頭が下がる思いです。(小中学校と原稿用紙1枚が限界の私でした)

「えっ、俺 シナリオなんて見たコタねー」 と 言われると、背中に寒気を覚え、
反対に「今回のシナリオはいいですね。」とかいわれると内心 ヤッターおっしあ!と叫んでいました。


今回のイラク、本当に書けなくて年越しして、色んな視点からなる積み上げ80cmの書籍を読破し
一人旅までして 2週間で書いたものです。

運営側って当日までにスタミナ使い果たし
現地では亡霊のようになっていますが、懐かしい面々に逢うと
そんな疲れも忘れ 対応している自分がいました。


これからこのイベントは伝説化して行くことでしょう。
また、ベンチマークにもなってゆくのでしょう。

どこかのイベントで皆様にお目にかかれること楽しみにしています。。。。
ハートロック後は西側を公然とできるので密かに嬉しい

  

Posted by ファイサル at 20:42

2017年04月26日

ホダムフトインの部隊

ゲリラ、民兵、民間人の方へ
もしホダムフトイン直属の部隊希望の方がいらっしゃいましたら
申し込みの時に分かるように運営に教えてください。
メールでも構いません

ほとんどが民族衣装姿のコスと思いますが
上下ODなどのイラク軍隊コスの場合 、当日の割り振りや動きが変わってきますのでお知らせしておきます。

もちろん一人二役もあり得ると思います。(あくまで反米勢力と民間人の枠内という意味)


  

Posted by ファイサル at 21:25

2017年04月07日

イメージストーリー HP参加者専用ページにアップされています


今回は明確にイラクの設定であったので、イラク戦争の書籍を仕入れてまず自分にインプットを行いました。

はじめは書けると思ったのですが、ある時から筆が止まりました。改めて自分の知識の無さに驚き、色んな角度からの書籍を仕入れ直して再度書き直しました。

いつもはもう少し戦闘シーンやセリフが多いのですが 今回は地政学的な事が多くなりました。

戦争は始めるのは簡単だがやめるのは難しいと言われます。この泥沼化した戦争は 十何年間かの後にさらに高度化した組織の登場を招いている事は記憶に新しいでしょう。

このイメージストーリーから少しでも世界情勢に関心を持っていただけたらと思っています。
  

Posted by ファイサル at 14:59

2016年10月24日

無事終了しました。

本栖ハイランドでの最後となるアホガン国めぐったハートロックを終えました。
前回の記事で載せたように今回は シナリオだけでなく 部隊回しも前回の浅間と同様にこなしました。


ゲリラ戦闘部隊を2つにし、ネタ、テクニカルの4班にわけ
米軍系の皆様と対戦を楽しみました。自分は南の山岳地帯にたてこもり
高低差ある撃ち合いを満喫しました。
メンバーのほとんどが普段は丘陵地帯で活動する部族であったので 非常にスムースに動いてくれました。

ゲリラが自由に動けるようにと提案した
CPの外部化は特に心配した無線も良好で、過去最高となる部隊数をこなすには
結果的に良い決断でした。

合計で8回の部隊投入が南の担当地域にはあり、遭遇した部隊や奇襲含めると
リアカンでも1000発は撃ったと思います。

弾込めしている間に次の対戦相手が顔を覗かせるという忙しさでした。
ガスブロなので大変でありました。

はじめの部分思ったほど偵察が来なかったので、すこし暇でしたが
後の追い込みを思えば あれくらいのゆったり感が序盤でないと
持たなかったでしょう。北部地区はいきなり戦闘でさぞかしお疲れのこととお察しします。

手薄になった海兵のドカン山の基地へも奇襲を2回実施し
前夜の夜戦の部隊の屈辱を取り返しました。


今回は、戦闘だけでなく、非常にバランスのよい大会運営であったのは
新規が150名を超える状況にも起因していたのではと思います。
なあなあではいかない、いい意味での緊張感が結束や指示を生んだのではないでしょうか

さて次回は来年5月の浅間です。
反省会もふくめすでに動きが始まっています。はじめてのイラクということで
各部隊では装備品獲得が始まっていることでしょう。

ゲリラ諸氏も 次回はパコールはアフガンやパキスタンで多くみられるので
一旦脱ぎ、シュマグやターバンにして望みましょう。カミースはそのままでよいですが
以外にも普段の服装も市民にはかなり多く、これといった特徴が希薄で コーデはなかなか難しさが予測されます。

戦い方がどうなるかは まずは浅間の展開地域によりますね


例のごとく全く撮影の時間がなく 今回も文章のみですみません。  

Posted by ファイサル at 20:57

2016年09月02日

ハートロック7th 申し込み始まっています!

アホガンの武装ゲリラ勢力で参加を検討の皆様
やっとシナリオが完成し公式HPにアップされました。

今回シナリオ後書きにも経緯と意図をいれましたので シナリオ自体についてこの場で多くは述べません。

過去3回のシナリオではどちらかというと 当日までの背景説明して
「あとは現地で皆さんでつくりましょう! 」 というスタンスでした。

現場の部隊回しを前回 浅間の平原側でやり、 ある程度できることできないことが
わかり、人脈もできたので 今回は現地の部隊回しを はじめからイメージして
ストーリー シナリオを書き上げました。
よって、今回は現地 本巣ではかなり近い流れになるかと思います。

さて、ゲリラですが 今回もネタメインと戦闘メインでまず分けて、 さらに初期位置もおおよそ決めます。
本栖は 戦闘になると膠着しやすく、とくにコントロールが必要です。
ゲリラの人数も圧倒的に少ないことも定番要素としてあげられますね。

もちろん皆様のアドリブを阻害するものではありません。
ある程度敵の動きも 制御できるため 全然誰とも遭遇しないんだけど、、、、という
ことや、3時間も戦いっぱなしということが避けられます。

敵を含めた全軍の動きは 今回は周知しませんので、ネタバレで冷めることもないでしょう。
まだまだ勉強が足りませんが、
裏方とはいかに存在を意識させないかだと思っています。

戦うには理由があるほうが よいと思っています。
このようなイベントではなおさらですね。

これから全軍の申し込みが進み、バランスが変われば作り直す必要があるでしょう。
そのためにもギリギリでの申し込みは避けたいものです。
ファイナルステージにふさわしい これぞハートロックというイベントにしたいものです。
  

Posted by ファイサル at 21:24

2016年05月03日

あと二回

ハートロックの締めが公式ブログで発表されましたね
12年に単に参加以来だんだん深く関わるようになってきました。
おかげで色んな方にお会いすることができ、本当に充実してミリタリーライフでした。

いろいろうまくいかないこともあるけれどそれ自体を楽しんで来ました。
次回10月企画について運営からの依頼があるかはわかりませんが 前よりも良くしていけたら嬉しいです。

コントロールがしやすい浅間に比べて本栖は回しにくいですね。
楽しみを全部フィールド内でこなすのは あの部隊編成バランスを考えるとはじめから無理がある気がしています
例えばcampエリアでも楽しみがあるといいですね。


ハートロック以外では 自分のチームが徐々に大きくなりつつあります。
ゲリラ装備以外も手を出してから速度が上がりました。西側もやると安心感を与えるのでしょうね
この業界、他の装備に行くのって金銭的以外でもなかなか大変なんですよね
もっと交流があるべきと思っています。
こだわりは下げたくはないけど、単なるゲームを超えた戦場らしさは今後も失いたくない価値です。

また会える日を楽しみにしています。

  

Posted by ファイサル at 21:31

2015年09月09日

ハートロック2015 6th 無事終了!

長野と群馬の県境にある 旧浅間サーキットと廃屋別荘地を利用した
『ハートロック6th』 が2015年9月4日~5日で無事全プログラムを終えましたことを報告いたします。
参加は総勢で400人を超え、過去最大となりました。 {ゲリラは46人で最大勢力}

長雨による 『池』 出現で野営地変更になりましたが、これはこれで良かったと思います。 テントサイトも車両をまとめることで
互いのテントが近く、以外にも地盤も良かったです。

大会2か月前、各部隊の更新も少数で、ノイズすら聞こえないけど、できるのこれ?ぐらいの感触で、
各部隊長と飲んだりして情報を得てましたが、時期が近付くにつれて、各部隊が加速しましたね。
皆さん、スロースターターで、ネタは事前に教えずに、驚かそうという気持ちも よくわかりました。 


今回、特徴的だったのは 若手や新規参加の面々が本当によく サポートしてくれたことです。
永くやっていると、どこかでこれでいいな と線を引いてしまうのですが、
トレンドや参加者の意思を踏まえ、内容を昇華させたため、新陳代謝が促進。すこし健康体になったように感じました。
有志で安全のための下草刈りや 迷彩ネット張り、土のう積み を行いました。

米陸軍もいつもより大きな本部CPに加え、立派な前線拠点を
雨に悩まされながら、最高の演出してくださいました。 すべて自費工作で、ゲリラも大事に使っていたことと思います。

サバゲーと違い、いろんな要素が総合的に重なり合う 『ハートロック』 
ファイサルは 頭文字 『P s』 でイベント全体を見てました。

Position  イベントの立ち位置
People   部隊の特性、実際どれだけの参加者がいるのか、どんなサポートが期待できるのか
Place    展開場所
Proposal  ストーリー動機付け + 各自の小ネタ
Possible  可能なのか
Price    コスト
Promotion 打ち出し方、説明の方法

結果的に、予定したストーリーは全部行い、さらに追加投入もこなしました。
すでに状況に入っていて、差し込みネタを 2件ほどお断りしましたが、
ほとんどのアドリブを受け入れることを可能にできたのも、綿密な部隊回しがあってこそと 思っています
そして、過去2回にくらべ、自分も楽しめました。

これは、皆さんが信用してくれて参加いただいたこと、驚嘆に値するすばらしいネタの数々。
準備を最後まであきらめなかったことと、ノイズや政治力に屈しない気持ちと、数年の経験値、強固な協力関係にあります。 

これがなくぼっちオペレーションであったなら、いつものぐだぐだが発生していたことでしょう。 
特に、空軍S氏、陸軍Y氏、パンジシールの獅子M氏 には特に感謝です。

私はゲリラサイドですが、連合軍側の 『 1年越しのネタやりたくてCPで待っているんだが、 一向に進まないじゃん! 』 
この部隊長のストレスは はかり知れません。 ゲリラは自由に動けガス抜きするが、 連合軍側は部隊行動で簡単にはいきません。

連合軍同士よりも、やはり 『ゲリラ との絡み』 が絵になるし皆様希望されます。
しかし、ゲリラは統制が弱く、人数が限られることが従来の弱点でした。


次回も自分の体力知力と依頼があれば、運営側としてリード行いたいと思います。
参加迷っている戦士たち、コスプレーヤーたち! 来た人にしかわからない満足がかならずあります。  来たれ!アホガンへ  

Posted by ファイサル at 12:48Comments(3)

2015年09月01日

温泉と天気

一番近い日帰り湯は北上すると 『 絹糸の湯 』 があります 野営地から車で迷わなければ10分です
http://www.kinuitonoyu.jp/price.html


土曜は最終受付には間に合わないので 終わったら行こうと思っています。


天気回復しそうですね

  

Posted by ファイサル at 15:11Comments(4)

2015年08月25日

ハートロック スケジュールと公式マップ公開

ゲリラコスプレーヤーの皆様

本部から全体スケジュールが出ました。
今回は、前回2.0の場所で 本大会の規模です。 よって駐車エリアは公式地図でいうと下側の外周路のさらに外の予定です
ちょくちょく車に戻れないので、荷造りは工夫が必要です

土曜の開場10:00可能となっています。お昼すぎに入って野営準備だと、後述の別荘でのCQBにはぎりぎりです。
日曜の状況開始も早まったので、土曜日のサーキット側の下見を土曜日にやっておきたいですよね。。。
早いチェックインがお勧めです

このスケジュールですと、 ランチはながら作業で短縮するなど早めのアクションがいいですね

スケジュールはあくまで全体です。各チームの準備等で時間がオーバーラップする箇所が出てきますので、各隊長の指示に従ってください
わからない隊長はゲリラ本部に確認してください。

ゲリラのみなさんは、知られても問題ない ニックネームを現地受付時に、教えてください
こちらにお送りいただいてもOKです。 編成表に書き入れ参加者同士でわかるようにします。
ファイサル
  

Posted by ファイサル at 15:28Comments(0)

2015年08月12日

ハートロック 『ゲリラ現地受付』

ハートロックに参加予定の ゲリラコスプレーヤーの皆様

9/5浅間サーキット跡地に到着し、 本部受付済ませたあとは
すぐ横にあるゲリラテントにぜひ お立ち寄りください。

こんなテント張ってお待ちしています。

スケジュールや、編成表、土曜日のお手伝い内容? などをわかるようにしておきます。

よくイベントが実施される本巣よりも 浅間サーキット跡地フィールドは はるかに新しいことが多く、
情報をもっているかどうかで、楽しみ方が左右されてしまいますので、 有効利用してください

数年前に一人で参加したハートロック。 周りの参加者がまぶしく、どこか怖い印象でした。
思いきってたたいて飛び込んでみたら、 良い意味でそうでもなかったです。
新規検討の方、サポートしますので、受身にならず 飛び込んでみてください!

私が本格関与して3回目。 よい天気でありますように。。。。。

  

Posted by ファイサル at 17:33Comments(0)